【初心者・デザイナー向け】Gitでよく使うコマンド集

git

Git初心者やデザイナー向けのよく使うコマンド集をまとめました。

Gitのリポジトリを新たに作成する「git init」

Gitのリポジトリを新たに作成する。このコマンドを実行すれると、「.git」と名付けられたサブディレクトリが作成される。

Gitのリポジトリを新たに作成する $ git init

リポジトリの設定をする「git config」

使用されるリポジトリの設定を表示する。 $ git config -l
ユーザ名の設定。 $ git config –global user.name [username]
メールアドレスの設定。 $ git config –global user.email [email address]

変更内容をインデックスに追加する「git add」

ワーキング・ツリー(作業ディレクトリ)の中から変更ファイルやディレクトリを見つけてインデックスに追加する(Git管理の対象に入れる)。
※git addコマンドを実行しただけでは変更の記録はおこなわれない。

変更したファイルを指定してインデックスに追加する。 $ git add [filename]
変更したすべてのファイルをインデックスに追加する。 $ git add -a
過去にコミットしたことがあるファイルだけをインデックスに追加する。 $ git add -u

リポジトリに保存する「git commit」

git addでインデックスに登録された変更内容をリポジトリに保存する。

インデックスに追加されたファイルをコミットする。 $ git commit
コミット時にメッセージを入力する。 $ git commit -m “[comment]”
変更されたファイル(新規を除く)をインデックスに追加し、コミットする。 $ git commit -a
直前のコミットを修正する。 $ git commit –amend

リモートリポジトリに変更を書き込む「git push」

リモートリポジトリに変更を書き込む。 $ git push [remote repository PATH] [branch]
リモートリポジトリにすべてのタグをアップロードする。 $ git push [remote repository] –tags
リモートリポジトリに指定したタグをアップロードする。 $ git push [remote repository] [tagname]

ステータスを表示する「git status」

ファイルのステータスを表示するコマンド。
git addされる前のアントラッキング状態のステータス、git addされたトラッキング状態のステータス、コミットされた状態のステータスを確認できる。

ファイルのステータスを表示する $ git status

コミットのログを表示する「git log」

リポジトリのコミットを新しい順で表示する。
コミットのハッシュ値、コミットした人、日付、コミットメッセージが順番に並んで表示される。

コミットログを表示する。 $ git log
先頭に7桁のコミットIDを表示する。 $ git log –oneline
HEADの位置を明示する。 $ git log –decorate
縦グラフで表示する $ git log –graph
指定した文字列を含むコミットを表示する。 $ git log –grep [filter]

変更内容を表示する「git diff」

ワーキングツリーに行われた変更内容を表示する。
デフォルトでは、「インデックス」と「ワーキングツリーを比較した際の差分を表示する。

インデックスとワーキングツリーの差分を表示する。 $ git diff
HEADとインデックスの差分を表示する。 $ git diff –cache
コミット間の差異を表示する。 $ git diff [commit id 1] [commit id 2]

ブランチを切り替える「git checkout」

ブランチを切り替える $ git checkout [branch]

最新のコミット内容を表示する「git show」

最新のコミット内容を表示する。 $ git show
タグを指定してコミット内容を表示する。 $ git show [tagname]

変更内容をリセットする「git reset」

インデックスを現在のHEADの状態にする。 $ git reset [commit id]
インデックスからファイルをアンステージする。 $ git reset HEAD [filename]
ワークツリーを含めたすべてをコミットIDの状態に戻す。 $ git reset –hard [commit id]

コミットを取り消す「git revert」

コミットを取り消す。 $ git revert [commit id]

リポジトリをコピーする「git clone」

リポジトリをコピーする $ git clone [repository PATH] [new repository PATH]

最新情報を取得する「git fetch」

リモートリポジトリの最新情報を取得する。 $ git fetch [remote repository]
リモートリポジトリの削除情報をローカルに適用する。 $ git fetch –prune

最新情報を取り込む「git pull」

リモートリポジトリの変更をmergeで取り込む。 $ git pull [remote repository PATH] [branch]
リモートリポジトリの変更をrebaseで取り込む。 $ git pull –rebase

ブランチを操作する「git branch」

ブランチを作成する。 $ git branch &[new branch]
すべてのブランチを確認する。 $ git branch -a
リモートブランチを確認する。 $ git branch -r
ブランチを削除する。 $ git branch -d [branch]
ブランチの名前を変更する。 $ git branch -m [branch] [new branchname]

他のブランチとマージする「git merge」

現在のブランチを他のブランチとマージする。 $ git merge [branch]

タグを操作する「git tag」

タグの一覧を表示する。 $ git tag
指定したタグを削除する。 $ git tag -d [tagname]

現在の状態を一時保存する「git stash」

現在の状態を一時保存する。 $ git stash
メッセージ付きで現在の状態を保存する。 $ git stash save “[message]”
保存した状態の一覧を表示する。 $ git stash list
最新の保存状態を復元する。 $ git stash pop
番号を指定して保存状態を復元する。 $ git stash pop stash@{[numbar]}
保存状態をリストに残したまま最新の保存状態を復元する。 $ git stash apply
保存状態をリストに残したまま指定した番号の保存状態を復元する。 $ git stash apply stash@{[number]}
保存状態を削除する。 $ git stash drop stash@{[number]}
保存状態をすべて削除する。 $ git stash clear

別ブランチのコミットを現在のブランチに複製する「git cherry-pick」

別ブランチのコミットを現在のブランチに複製する $ git cherry-pick [commit id]

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

Google+  B! はてブ  Pocket 

SNSでもご購読できます。